スマホ首はストレートネックの温床|東京都豊島区で腰・肩・脚のお悩みはJCC池袋整体院へ

院長ブログ

Blog院長ブログ

肩こり,頭痛,ストレートネック

スマホ首はストレートネックの温床

最近急増している症状のひとつがストレートネック。

ストレートネックは本来在るべき首のカーブが減少して、まっすぐな状態になること。
頸椎の前弯の現象した状況を言います。

現在はスマホが主流となり、長時間同じ姿勢でスマホを見続けることがベースとなって、
首のカーブが減少するため、スマホネック、スマホ首、という表現もします。

今や仕事で長時間のパソコン業務は避けられないのが現実です。
それだけでなく、通勤時間の電車の中、休憩時間、帰宅後もスマホを見ている方は、
画面を見ている時間が相当長いのではないでしょうか。


総務省発表の調査によると「インターネット」の利用時間は平日で、

20代は177.7分、30代で154.4分。

40、50代の平均では114.1分です。
(2021年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査 報告書)
当然、それ以上または倍近い時間を使っている人もいるでしょう。

しかも、これは「インターネット」に繋げて、誰かと連絡したり、

何かを観たり、調べたりしている、という時間であって、
パソコンで仕事をしている時間は含まれていません。


休日は更に60分弱は増える、という結果ですから、
家で相当時間スマホかPCを観ていることになります。


さて、あなたは仕事中のどの様に姿勢を気をつけているでしょうか?

長時間画面を見続けて、首のカーブが減少しやすくなります。
つまりスマホを長い時間、同じ首の角度で見続ける習慣があると、

いわゆるスマホネックの状態になります。当然その状況が生活の一部と
なっているでしょうから、そこが温床となりストレートネックにつながると

考えられます。スマホネックになって痛みを抱える方は今とても増えています。






特にスマホを使う時は頭を下がりやすくなります。
以前のガラケーなら、画面が立ち上がっていますね。
あの立ち上がった画面によって、首が下がり過ぎずにいたともいえます。

しかし、スマホでは画面がまっ平。
スマホを持つ角度を工夫して、少し高めに持つ方が首を痛めにくくなります。


頭を下げ過ぎず、首を1㎝後ろに引くイメージで、画面から離れるようにしてみましょう。
たったこれだけでも、首の痛みが出にくくなります。

是非お試しください。