JCC池袋整体院(日本カイロプラクティックセンター南池袋)で辛い症状を根本改善。

夏でも腰痛?

夏休み期間は帰省やレジャーなどで、乗り物に長時間乗ることが増えていたと思います。
高速道路もあちこちで40~50㎞の大渋滞表示。
前日も通常なら1時間ちょっとで着く所へ出かけたところ、高速道も一般道も大渋滞。
結局2時間半かかってしまいました。皆さまもこうした経験はあるでしょう。

お盆休み期間からぎっくり腰の方が増えています。
いったいなぜでしょう?

夏休みにぎっくり腰?

夏休みに入る前に仕事が立て込んでいた=疲労が累積していた
酷暑で冷房なしでは眠れない=睡眠不足、冷房で冷えている
足腰が冷える=お腹が冷える=胃腸の調子が悪くなる・・

こうなると、何が起こるかというと・・

お腹の中が固くなる=腰痛が起こりやすくなる。
と、ご理解ください。

こうした状況で起こる腰痛の共通点とは

腰が丸くなっている、ということ。

「腰が丸い」というと姿勢が悪いというイメージでしょうが、ポイントは

腰が丸い=お腹が縮まっている=お腹が伸びにくい=背中が固まる=腰と臀部が固まる 
ことが問題なのです。

長時間の運転(助手席でも同じです)では、上記のいずれもが現れます。
腰が丸くなるとき、というのは坐骨は前の方に移動しています。
膝裏と坐骨の位置関係は近づいているので、太もも裏の筋肉は硬くなっていることでしょう。
これらの筋肉を少しでも緩めるように工夫することが大切です。

先ほども書きましたが、夏場の暑さには「冷える」がつきもの。
冷たい食べ物、飲み物だけでなく、夜も寝苦しいので、クーラーを使わないと寝不足になってしまいます。そうすると、手足やお腹を冷やしてしまい、体調を崩したり、おなかの調子を悪くする、なんてことにもつながりやすくなり、免疫が下がり夏風邪をひいてしまうこともあります。

このようにして、気づかないうちに体調を崩したり、腸の働きが悪くなることで、お腹周りの筋肉が硬くなり、腰痛になる要素が増えてくるのです。

対処法とセルフケア

「危険な暑さ」と表現されるように、近年の夏は驚くほどの暑さです。
クーラーなしでは、熱中症の危険もあるから、扇風機と合わせて上手に使わなくてはいけません。
足腰、肩が冷える方は、半袖・短パンでなく、薄手の長袖や長ズボンを着るのも良いでしょう。
更に、寝る前と起床前の腰、お尻のストレッチや、濡らしたタオルを30秒レンジで温めて、ビニール袋に入れ、タオルで包んでお腹と肩に当てるのもおススメです。

肩こり、腰痛予防の体操やストレッチなどは、ネットで調べると山ほど提供されていますので、ご自分に合う方法でやってみると良いでしょう。
ひとつの方法ですべての人に当てはめることはできないので、来院された方には個々にあった方法をお伝えさせていただきます。

とにかく、放っておいて体が良くなることはありません。
ご自分で出来る範囲でもよいので、ぜひセルフケアを心がけてください。

【池袋駅徒歩2分】JCC池袋整体院 PAGETOP