JCC池袋整体院(日本カイロプラクティックセンター南池袋)で辛い症状を根本改善。

ここでは膝痛についてお話ししたいと思います。

 

膝痛は、肩こり腰痛に次いで最も症状の出やすい関節痛の1つです。
歩くと痛い、階段の昇り降りがツライ、正座がキツイ、朝こわばる・・・
等、いろいろ症状の出方が多いのも特徴ですね。

 

膝は、立っているときや歩行の際に、常に体重を支えますので、
支える力いわゆる安定性が必要です。

また、歩行の時に脚を繰り出す動きや、座るときは、

色々と複雑な動きが必要となりますので、十分な運動性が求められます。

 

この、安定性と運動性、どちらか一方が強く働くと、もう一方の機能は失われます。
正常な膝の場合、この2つは絶妙な調和が取れているのです。
しかし、相反するこの2つの調和が乱れると、膝は悲鳴を上げます。
調和が乱れる原因は、

①股関節の問題

②足首の問題

③足部の問題

④膝の問題

⑤荷重や脚長の問題

などがあります。

 

どうして股関節や足首が関係しているの?

と思われる方もいると思います。

私たちは、普段膝を曲げる時、

股関節や足首も一緒に曲げていることが多いです。

 

伸ばすときも同様ですね。

「膝を曲げてみて下さい」と言われて、膝のみを曲げる方は殆どいないでしょう。

このように、膝関節は、

股関節や足首の動きと密接な関係にあるのです。

 

そのため

①②は、膝に負担をかけるのです。

③は、体重をかけたとき足の裏のアーチや捻れの状態で足首や膝へ問題を起こします。

④の場合は、まさに膝の特殊な関節構造に問題が出た状態です。

⑤は、股関節や足首の柔軟性の欠如があると、より膝に影響が出ます。

 

ワタシのタイプの膝痛?

状態には個人差があるため、治療方法や期間は一概には言えません。

それぞれの問題が異なるように、答えを探すにも多様な可能性があります。

腰痛が問題になっていることもあります。

まずはご連絡いただき、一緒に骨盤のゆがみや脚の状態を確認しましょう。
ご予約やご質問などございましたらコチラまでどうぞ⇒ 03-5951-9335

【池袋駅徒歩2分】JCC池袋整体院 PAGETOP