JCC池袋整体院(日本カイロプラクティックセンター南池袋)で辛い症状を根本改善。

2月も末になってくると、花粉の飛散が増える季節。これからの時期、多くの方にとって気になるのが花粉症。

早め早めの花粉対策で万全の備えを。
花粉症を持つぜんそくの方も要注意です。喘息患者さんの67%がアレルギー性の有無を問わず鼻炎を合併していることが報告されています。

喘息と花粉症の関係を調査した報告では、喘息患者さんの約47%の方がスギ花粉症を合併しており、そのうちの半数以上の方が、スギ花粉が飛散する時期にぜんそく症状の悪化を感じています。(福士雅彦他:アレルギーの臨床)
咳き込みが続くと体力も消耗しますし、首や頭、背中周りに不快感を感じる方も多くいらっしゃいます。

ご存知ですか?

日本で花粉量が圧倒的に多いのが、スギ、ヒノキ科の花粉で飛散する時期は春が中心です。

■では、スギ花粉の多い日は? 

  • 晴れて気温が高い日
  • 空気が乾燥して、風邪が強い日
  • 雨上がりの翌日や気温の高い日が2~3日続いたあと

■スギ花粉の多い時間帯は?

  • 昼前後→山から花粉が飛んでくるから
  • 日没後→日中上空に飛んでいた花粉が降りて来るから

花粉症になると鼻が詰まって夜もねれず、疲れが溜まりやすくなります。
鼻をかみすぎてヒリヒリしてしまったり、鼻が詰まったり、咳が出たり、睡眠不足にもなりやすく生活の乱れから精神的にもピリピリ・・なんてことにも。

花粉の影響そのものは避けることが出来ないので、喘息の方は症状がなくても、治療の基本である吸入薬で、毎日のぜんそく治療をきちんと続ける事が大切です。そのうえで、花粉症をお持ちの方は、ぜんそく症状の悪化を防ぐために花粉の情報に注意し、マスクやメガネを着用したり、帰宅後は手洗いや
洗顔、うがいをするなど、花粉の影響を避けて過ごすようにしてください。(環境省:花粉症環境保護マニュアルより)

日中の気温が15度前後になってくると、毎年きまって、めまい、ふわつき感、頭痛の方も増えてきます。アレルギー反応そのものは無くせなくても、鼻づまりや頭痛、頭重、首や肩のコリは改善が可能です。当院では特に頭蓋骨調整というものを行っています。花粉症に伴う頭、首、肩周りの不快感の解消には良い反応が期待できます。

花粉症の季節はめまい、ふわつき、頭痛にご注意を。
先ずはご自分の両耳をもって、前後、上下へとゆっくり動かしてみてください。痛みを感じない程度にゆっくりと耳を回してみることも効果的です。是非お試しください。

 

【池袋駅徒歩2分】JCC池袋整体院 PAGETOP